温熱療法・免疫療法|大阪府 寝屋川市の星光病院 がん治療

がん治療に効果的な温熱療法(高周波ハイパーサーミア装置)
病院案内 脳神経外科 整形外科 乳腺外科 内科 免疫化学療法外来
外来医師担当表 医師のご紹介 看護部より 地域連携室のご案内 当院の医療安全指針 職員募集のご案内 介護事業のご案内
雑誌に掲載されました お見舞いの方へ 面会時間のご案内
  • 乳腺外科について
  • 乳がんってなに?
  • 乳がんの診断について
  • 乳がんの治療
  • 温熱療法

温熱療法について

温熱療法の歴史は古く、熱によって“がん”が消滅したと、医学の父であるヒポクラテス(古代ギリシア,紀元前460-370年)は報告しています。ドイツのブッシュは丹毒に冒され高熱を発した患者さんの“がん”が消失したことを1866年に報告しています。また、アメリカのコーリーは、感染すると高熱を出す数種類の細菌をわざとがん患者さんに注射して、高熱によって手遅れの“がん”の治療を行ったと1900年頃に報告しています。1960年代になって科学技術が進歩すると、有効な加温の方法が開発されるとともに、“がん”に対する温熱の効果が基礎研究によって明らかにされ始めました。



がん治療の温熱療法の効果

温熱療法は抗がん剤と併用しても,抗がん剤の効果を増強させることができます。増感効果が知られている抗がん剤としては、シスプラチン(CDDP)、5-FU、マイトマイシンC、アドリアマイシン、ブレオマイシンなどがあります。さらに、体を温めることによって免疫力が活性化されるといわれています。免疫力が高まると “がん”細胞を自分自身の力だけで排除する働きが高まります。最近では、熱単独の効果やあるいは放射線や抗がん剤の効果を高める効果だけを期待するのではなく、免疫力を高める効果を期待して温熱療法を行なうようになってきました。また、今後の研究次第では、“がん”の増殖を抑える“がん”の休眠療法の一つとして温熱療法は期待されています。



高周波ハイパーサーミア装置

Q: ハイパーサーミアはどんながんにでも効果があるのでしょうか?
A.
理論上はあらゆる癌に有効ですが、実際には温めやすいもの・温めにくいもの様々です。また、施行病院によって様々ながんに対する治療の得手・不得手もあります。
これらのことを踏まえて上で、無作為試験で有効性を示されている疾患として、再発乳癌・メラノーマ(悪性黒色腫)・子宮頸癌・直腸癌・膀胱癌・頸部リンパ節転移などがあげられます。これら以外でも脳腫瘍・肺癌・食道癌・肝臓癌・膵臓癌など殆どの癌で、有効であった患者さんが多数報告されています。(白血病・リンパ腫など血液のがんはあまり報告がされていません)
Q: 保険適応はありますか?費用はどのくらいかかりますか?
A.
現在保険適応のあるハイパーサーミアはラジオ波あるいはマイクロ波をつかった局所・領域加温のみとなっております。保険点数は一連で深部加温では9000点(9万円)、浅部加温では6000点(6万円)となっております。
詳しくは窓口までお問い合わせください。
LINE@公式アカウント 脳梗塞・心筋梗塞のリスク検査  LOX-index を導入しています がんのリスク検査 AICS(アミノインデックス検査)を導入しています 高周波ハイパーサーミア装置を導入しました